マンション売却なら不動産一括査定を活用しましょう!

MENU

マンションを売却したなら

マンションを高く売りたいなら、不動産一括査定サイトを利用するのが一番です!
完全無料で1分程度の入力作業だけで利用できます。
逆に何の知識も持たず直接不動産屋に行ってしまうと、足元を見られて相手に有利な条件で進められてしまいます。
また、比べる相手がいないとその価格が適正かどうかも判断できません。
不動産一括サイトを利用すれば、

  • 価格競争が起こり、ギリギリの高額査定が提示される。
  • 悪徳企業、評判の悪い企業は排除される。
  • あなたのマンションの相場感や価格差が分かる。

などのメリットが得られます。
ただし、

  • 複数企業から連絡が来て面倒。

と感じる方もおられるかもしれませんので、面倒な方は査定企業を絞って利用して下さい。

マンションの売却に強い一括査定サイトはコレ!

私がマンションを売った時にイエウールのおかげで300万円も得をしました。


イエウールは下記のような大手企業を含む全国900社以上の優良不動産会社から最大6社に一括査定依頼ができます。

お客様満足度98%の実績で、特にマンションの売却に強いサイトです。
また、プライバシーマーク取得企業なので、安心して一括査定を任せる事ができます。
マンションの売却をスムーズ化する不動産一括査定サイトについて

マンションの売却をスムーズ化する不動産一括査定サイト

マンションの売却は一戸建ての購入や老後のセカンドハウスへの移行などライフステージに応じて様々なケースが想定されますが、転居先が決まっている場合などには出来るだけスムーズに買い手が見つかってほしいというのは当然のニーズです。しかし、エリアや価格帯にもよりますが、マンションなど不動産の売買交渉はかなり長期的な計画が前提となるので、必ずしも個別の事情に応じたスケジュールで話が進む訳ではありません。当然価格を目一杯下げればその分割安感が出るので、その他の条件よりも早く決まる可能性は高くなりますが、数百万円単位で売却金額が違ってくるので、こうした価格面での妥協は避けたいところです。こうした矛盾したニーズがある中、双方を満たす方法として不動産の一括査定サイトがよく利用されています。マンションの見積りは各不動産会社を一社一社来店し直接交渉するのでは、途方も無い時間を要しますが、一括査定ではインターネット経由で一度に複数社の査定を受けることが出来るので、時間的なロスもなく素早く査定を受けることが出来ます。また複数社を比較することでマンションの資産価値の相場を正しく理解することが出来るので、あまりにも割安な価格で手放すという事態を避けることが出来ます。こうした不動産の一括査定サイトは現在いくつも運営されていますが、登録している不動産の評価が高く、網羅するネットワークも広いイエウールがおすすめ出来ます。都心部だけでなく、地方のマンションでも簡単に査定してもらうことが出来ますので、ぜひイエウールの公式サイトで査定を行ってみてください。

マンション売却に強い「イエウール」の無料一括査定はコチラ

マンションをイエウールで売却するときのコツ

マンションを売却しようと思った時に、最初に何をすればよいのでしょうか。イエウールなどの一括比較サイトに登録をすれば、まとめて査定してくれますから便利だということはわかっていると思いますが、その前にしておきたいことがいくつかあります。まず、情報を整理することです。例えば、購入した時の契約書があると理想的です。また、パンフレット等もあると理想的でしょう。



なぜ情報が必要なのかというと、それを元に価格の計算をするからです。例えば間取りが優れているのかどうかということは非常に大事なことですし、どのような設備があるのかによっても価格は異なります。このような情報がないと、不動産会社も価格を計算することが出来ませんから、まずはこのような情報を確保しておくことは大事です。

そして、外部の情報も手に入れておいたほうが良いです。例えば、近くにある同じくらいのマンションがどれくらいで売りに出されているのかをチェックすると相場がわかります。インターネットの不動産のサイトで検索をすれば、だいたい自分の近くにある物件がどれくらいなのかがわかるでしょう。このときには、少し長期間にわたって物件を見てみるのは良い方法です。

例えば、3000万円で売りに出されている物件が合ったとします。3000万円というとそこそこ高い金額ですが、これくらいで売ろうとしている人がいるのなら3000万円くらいで売れるのだろうと思ってしまうかもしれません。しかし、その価格は売り手が思っている価格であって、売買が成立した価格ではないという点に注意しなければなりません。単に3000万円で売っているにすぎないのです。

本気で売ろうと思って3000万円の値段をつけているのなら、それが妥当なのかもしれませんが、3000万円で売れればラッキーというような感覚で売りに出している可能性も否定はできません。このようなことを考えれば、インターネット上の価格があまり参考にならないことがわかるでしょう。ただ、期間をおいて見てみると分かる場合もあります。いつまでも3000万円のままで売りに出された状態であれば、その価格は笑い高なのだということがだれにでもわかるでしょう。あるいは、1000万円で売りに出された物件があって、その物件情報がすぐに見られなくなったとすると、1000万円では安いのだということがわかるはずです。このように、インターネット上の情報を見るときには、少し期間を長めにして観察していくという姿勢が大事です。

情報を見ているとわかることだとは思いますが、売却できる価格には時期による違いがあります。というのは、需要と供給とによって違いが生じるからです。需要が高い時には価格が高くなる傾向があります。これは経済学の基礎的な部分だといえるでしょう。需要が高いほど価格が高くなるのですから、需要の高い時期に売るのが賢いということはわかるのではないでしょうか。では、その時期はいつかというと、1月から3月です。

1月から3月というのは、4月から始まる新しい生活のための住宅だと考えれば分かりやすいです。4月から新しい生活を始めようと思えば、3月中には新しい住宅を確保しておかなければなりません。そのために、年明けの1月から動き出すひとが多いのです。この時期に決まる物件は相対的に価格が高い傾向があります。何か事情があって速く売却しなければならないのならしかたのないことなのですが、そうではない人の場合には、この時期に売却できるように準備を進めていくのは良い方法です。

そして、少しでも高く売るためには、欲しいと思わせることが大事です。需要が高ければ価格が上昇しやすいということについてはすでに触れましたが、これをわかりやすく言えば、欲しいものがあれば価格が高くても買いたいということです。どうしてもこのマンションがほしいと思わせれば、それだけで価格を高く設定することができるでしょう。常にメンテナンスされた物件なら魅力的でしょう。

ただ、そのためだけにリフォームするべきなのかどうかというのは判断が難しいところです。リフォームするにはコストがかかります。例えば100万円をかけてリフォームし、そして価格が200万円上がるのならするべきでしょう。しかし、大抵はそのようにうまくは行きません。結局コストのほうが高くついてしまうことになるケースが多いです。ですから、大規模なリフォームを売るためだけに行うのは得策ではありません。

できることならコストをかけずに魅力的に見せる方法を考えましょう。例えば、綺麗に掃除をするだけでも魅力的に見えます。できるかぎり綺麗に掃除をしたとしても、それにかかるコストはそれほど大きくはないでしょう。それだけで印象が変わって、高く買いたいという人が現れる可能性があることを考えれば、売却する前に綺麗に掃除をする価値は十分にあることなのです。